「名車」と名高いハードテールMTBが下りでの安定感を増して復活。

「33rpm」

と聞いて、LPレコードの回転数ではなく、マウンテンバイクが頭に思いつく人は古くからのMTB好きでしょう。


2000年代前半から名車として人気を集めたアンオーソライズドの"33rpm"。

一時期姿を消していたハードテールMTBが80台限定で復活しました。
日本のトレイルシーンを考慮して企画され、下りでの安定感を求めたフレームとなっています。

131320579_1058146761324633_8001222410070699641_n.jpg
image.jpeg
image.jpeg

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢
【新型33rpm 開発ヒストリー】
image.png
新たなステージへ"33rpm"の再始動!!

33rpmが始まった時から目指し続けたこと、それは究極のトレイルバイク。

様々な国のトレイルで走った。まずは MTBが始まった場所 マリンカウンティ。

そこで思ったことそれは.... 

それぞれのブランドにはそれぞれのブランドが生まれた背景があり、
その背景からそれぞれのジオメトリと乗り味が決まっているでは?

ということ。
それから 17年間 
アメリカ、カナダ、オーストラリア、ドイツ、イギリス、スコットランド、スペイン、イタリア スイス オーストリア インドネシア そして台湾 等々
色々なところを走りまくった。

多様な地形、土壌、気候に出会い、様々なスタイルのライダー共に、
さらには多くのバイクブランドにも乗った。

そして確信が持てたこと。
それは 日本のトレイルには日本のジオメトリが必要。

海外で得たことを日本に持ち帰り、
日本での自分たちの楽しみを最大限にするバイクを追求。


日本のトレイルは
傾斜が急でコンパクトな山が多く
さらに高温多湿、木の根やツルツルの岩
そこにはアメリカでもヨーロッパでもない独特の風土がある。

そこで楽しむためのローカライズ、
歴代の33rpmの中でも突き抜けてスタビリティーが高いマウンテンバイク。

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢
image.jpeg
◆33rpm Enduro スペック
モデル: UnAuthorized 33rpm
チューブ:Original クロモリチュービング
適正フォーク長:最大160mm(44mmオフセット)
サイズ:S , M
カラー:Gray と Blue ※Mサイズはグレーのみの展開
ヘッドアングル:63度 (160mmストローク時)
適正身長:S〜173cm, M〜180cm
BB:プレスフィット
ヘッド:ZS
シート:31.6mm
Rハブ:Boost

推奨ホイール径:29”
シートアングル:65.5度
シートc-t:400mm
トップチューブc-c:S 574mm / M 601mm
(ホリゾンタルS630mm / M660mm(シートアングル付きすぎててて高さによって大きくかわる))
リーチ(参考値):S395mm / M420mm
リアセンター:418mm
BBハイト:29mm
シートポスト径:31.6mm
タイヤクリアランス:80mm 組み合わせによりますが、最大2.6位

プライス:¥134,000(税抜)
付属品:9point8オリジナルシートクランプ / ロバートアクスルシャフトmade in USA
※ボトルケージ用ボルトは付属いたしません。



今回、さっそくオーダーをいただいたフレームが入荷し、お店に並んでおります。
販売分のフレームはお取り寄せとなりますが、フレームの雰囲気は店頭にて確認いただけます。
(バイクへ合わせる部品が揃うのが先になるため、しばらくお店にあります)

〜80本限定の為、完売まであとわずか。オーダーはお早めにお願いいたします〜
特に「S/Blue」と「M/Gray」在庫の残りが極少量..という情報をメーカー情報をいただいています。

================✂︎=================
明日12/15(火)は定休日となります。お休みです。

DayDownBicycles デイダウンバイシクル

電話 : 026-283-7580
住所 : 〒381-2225
長野市川中島町今井原1073-1
営業時間:10時~19時
定休日:5の倍数日(5,10,15,20,25,30)
ホームページ:http://www.ddb1.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0